ゆかりのオムツ日記 (3)

9月17日(金)雨毎日お姉ちゃまたちにオムツを替えてもらいます。(お昼休み)

やっと、お昼休みになりました。

2時間目の休み時間に取り替えてもらったオムツも、もうグショグショになっています。

お昼ご飯は部室でお姉ちゃまたちが食べさせてくれるので、授業が終わるとすぐに部室に向かいます。部室と2年生の教室は近いので、お姉ちゃまたちの方が先にきています。

お昼休みに部室に来るのは2年生のお姉ちゃまだけで、1年生のお姉ちゃまが来ることはめったにありません。2年生7人のうち今日は5人のお姉ちゃまが来てくれました。

その日によって何人のお姉ちゃまがくるか決まっていませんが、誰も来ないとオムツを取り替えてもらえなくなるので、瀬梨奈お姉ちゃまは、お昼休みには必ず来てくれます。部室にはいると、お姉ちゃまたちにご挨拶をします。

「瀬梨奈お姉ちゃま、きょ、しょ、翔子お姉ちゃま、一美お姉ちゃま、茉莉奈お姉ちゃま、みずきお姉ちゃま、こんにちは。今日も、ゆかりちゃんのオムチュ検査をちてくだちゃい。お願いちまちゅ。」

その日来てくれた全員のお姉ちゃまの名前を呼んで、オムツ検査をお願いします。

「じゃあ、私の前に来てスカートをまくってオムツを見せなさい。」と瀬梨奈お姉ちゃまがいいました。

わたしは「はい」と素直に返事ををして瀬梨奈お姉ちゃま前でスカートをまくり上げます。オシッコでグショグショになったオムツを見せなければならないんです。

2学期が始まってから毎日の事なのにすごく恥ずかしくて涙がでます。

瀬梨奈お姉ちゃまが、オムツの股の所を下から持ち上げるようにすると、グチュグチュと音がしました。

私は、今日何回お洩らししたか報告をします。

今日は2時間目までに2回、お昼休みまでに3回お洩らししました。

2時間目の検査の時、お洩らしが少なかったので、追加のお茶を飲まされたんです。

いつもは、2時間目の検査の時にはたくさんお洩らししているんですがお昼休みまでには、そんなにたくさんお洩らしすることはないんです。

報告が終わると、瀬梨奈お姉ちゃまが強くオムツカバーをつかみました。オムツに吸収されていたオシッコが、逆流して、オムツカバーの裾から、洩れてきました。太股をつたうオシッコの感触に惨めな自分の状況を思い知らされ、とうとう私は、泣き出してしまいました。

「ゆかりちゃんは、赤ちゃんなんだから、オシッコを洩らしてもいいのよ。そのためにいつもオムツをあててるんだもん。ねっ。」

瀬梨奈お姉ちゃまに慰められてとっても照れくさかった。でもその時私は、素直に微笑むことができました。